多様な人事労務メニュー
コンサルティング&アウトソーシング


※現在、L,S,SSプランのみを先行リリース中です。
必要なサポートは、御社の事業実態に即して、ご提案させて頂いております。

社会やビジネスを取り巻く環境、人のライフスタイルの変化に応じ、進化する人事労務のサポート。オージェンスパートナーズでは、コンサルティング&アウトソーシング分野を順次拡大中です。
クライアントメリットの最大化を追求するために、自社でのソリューション提供とともに、最適なアウトソーシングのご紹介も行う、人事労務の最適化を図る全方位サポートを実践いたします。


画像の説明

各分野サポート視点


1 人材確保
国内は少子高齢化により生産年齢人口が減少、最大の資産である人材の確保も年々難しく、外国人スタッフの活用、多様な契約形態など人的資源の柔軟な捉え方が、事業継続・発展の鍵です。オージェンスパートナーズでは、御社の中長期的戦略はもちろんのこと、労働市場の現状を踏まえた多角的視点から人材の確保に関してサポート致します。

2 人材育成及び開発
 著しい技術革新・産業構造の変化の下では、雇用機会の提供・継続のためにも、労働市場全体での人材価値向上を目指す「エンプロイヤビリティ」の考えが重要です。OJTを基本としつつも、積極的に外部人材育成機関やサービスを活用し、戦える人材へと育成するサポートをいたします。

3 従業員就業
 労働契約の締結によって雇用関係が始まれば、就業上の具体的なルールが明文化されていることが人材の安心、職場秩序を維持のためにも重要となります。オージェンスパートナーズでは、就業に関する問題を防止する観点から就業規則を作成致します。労働能率の効率化と人材マネジメントの向上を実現していきましょう。

4 労使関係
 不当解雇や残業代不払い等を巡る労使紛争や労働基準監督署による是正勧告件数が昨今、急増しています。企業にとって良好な労使関係を築けるかどうかは、時に企業の存続に関わる問題です。人事に関する諸環境の整備とともに、人材一人一人の労働環境や条件に再度目を向け、良好な労使関係を築き上げましょう。

5 人事評価・目標管理制度
 組織や人材のマネジメントを行うには、一定の評価軸が必要です。不備のある人事評価を行うことは、人材に不信感や不満を感じさせ、組織の存続に関わる問題も生じかねません。シンプルであっても客観的な評価制度の構築を行い、評価者の姿勢・評価結果と処遇などについて、適切な目標管理制度と併せて整備・充実しましょう。

6 賃金管理
 まずは、賃金規則が労働基準法や労働協約を反映されたものであることが必須です。オージェンスパートナーズでは、賃金規則給与計算アウトソーシングのみならず、必要に応じて賃金体系の確立、企業の成長ステージに応じた昇給制度及び退職手当制度の整備・充実化を支援いたします。

 

7 従業員安全衛生
 安全衛生を怠り、労働災害が発生すると、損害賠償、行政処分、刑事罰、社会的信用の低下などの企業存続に関わるのはもちろん、何よりも大切な従業員の命にも関わる問題です。現場の作業環境に沿った現実的で運用可能な労働安全衛生マネジメントシステム構築を支援いたします。

8 社会保険
 社会保障制度改革に伴い、社会保険の仕組み、関連法規の変化が著しい昨今、中小企業が自社で最新情報にキャッチアップし、適切な手続きや運用を行うことは至極困難な状況となっております。オージェンスパートナーズでは、社会保険労務士及び有資格者による基本サポートを提供し、企業とそこで働く人材の今と将来の安心を実現します。

9 福利厚生
 福利厚生の充実は、御社の人材の労働意欲を高めるだけでなく、人材の新規募集や採用と定着性の向上に寄与します。まずは、法律で定められた福利厚生の導入をチェックし、必要に応じ、カフェテリアプラン等スタッフのモチベーションだけではなく、能力を高める付加価値プランの提供を検討しましょう。

10 社内活性化
 現代企業経営においては、個々の人材を意思決定者ないし問題解決の主体と捉えることで、モチベーション、業務効率、そして企業の競争力の向上を目指します。よってコミュニケーション、チャレンジと自己啓発関連分野における人材と距離感の近い制度を運用していくことで、正のスパイラルを伴う社内の活性化を目指しましょう。

※ 上述以外にも、社会保険労務士・専門家の各種許認可業務・セミナー開催などをはじめ、更なるサービス拡充に取り組んでおります。
 各クライアント様の事業実態や企業の成長ステージに合せて最適なご提案をその都度させて頂きます。具体的なコンサルティング・サポート内容や価格は、ご担当者に直接もしくは、お問合せフォームよりお問合せください。