未加入は違法。指導→立入検査→強制加入実施へ。

 2015年4月より厚生労働省と日本年金機構は、違法に厚生年金の加入を逃れている中小企業80万社に対して、強力な指導に乗り出すと発表。指導に応じなければ、立ち入り検査も実施の上で、強制的に加入させる方針です。

多くのビジネスが強制適用の対象です。

 厚生年金の強制適用事業所は以下です。対象事業所は迅速に手続きを行う必要があります。
1. 全ての法人事業所   2. 個人事業所(常時従業員5人以上雇用)

付随して必要になる業務や手続は、専門的で様々。

 厚生年金の加入後、入退者に伴う資格取得喪失、月額変更、算定基礎業務、労働保険の各種届出など、年間を通して様々な業務や手続きが生じます。その他、雇用契約や労使協定、成長ステージに応じた就業規則の整備など、法制度改正にも対応した様々な専門的業務&サポートが必要になります。

厚生年金等新規適用サポート。大好評、実施中。
オージェンス パートナーズ

 厚生年金の新規適用手続きはもちろん。毎年変化する法制度改正を踏まえ、各種社会保険手続、労働保険手続、企業の成長ステージに応じた人事労務環境の整備、人材確保、人材育成、社内活性化、賃金管理、給与計算、経営者様・従業員様の年金相談、資料多言語化…
 この変革の時代に、全ての中小企業・ベンチャー企業が生き残るために、「社会保険・人事労務、給与計算を含む総合コンサルティング&アウトソーシング」を「低価格」でオールインワン提供するのが、私たち、「オージェンス パートナーズ」です。
 オージェンス パートナーズは、あなたとあなたのビジネスのために全力を尽くし、共に戦います。